おすすめ洋書紹介 - 英語レベル別に掲載

翻訳と原書はやっぱり違う!オーストラリア在住の管理人が英語初心者から上級者まで楽しく読める洋書を紹介します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Winnie-the-Pooh
by A.A. Milne






英語レベル:初級
イディオム:少 
難易度:低
感 動 :★☆☆☆☆
ドキドキ度:★☆☆☆☆
総合おすすめ度:★★★★☆


説明も何もいらないと思います。

クマのプーさんの原書です。

英語も簡単なので洋書入門には最適です。

おすすめの理由はイラストのかわいさ。


またのほほんとしたストーリー展開に心が癒されます。


子供っぽいと言わずに必ず買ってほしい一冊。




スポンサーサイト
Looking for Alaska / John Green

Looking for Alaska

新品価格
¥790から
(2010/11/20 18:27時点)



英語レベル:初級向け
イディオム:普通 
語彙数:普通
感 動 :★★☆☆☆(2.5)
ドキドキ度:★★★★☆
総合おすすめ度:★★★★☆


<英語について>
意図してかしないでか、誰でも読める英語レベルで書かれています。
難しい単語の序列はなく、たまに出てくる程度。
イディオムもティーンネイジャー達が主人公の割にはあまりない。
高校生レベルの英語で十分読みきることができます。

<ストーリー>
このストーリーを短くまとめるのはハッキリ言って無理だと感じています。
舞台はアメリカ・アバラマ州の寮制の高校。
主人公は故郷フロリダで見つけられなかった”Great perharps”を求めて転入します。
そこで出会った超ホットな女の子”Alaska”にまつわる物語。
彼女について書くとネタばれになってしまうほど物語は二転三転します。
ティーン系物語ベスト10にも選ばれた優秀作。



今日紹介する本はこちらです。

Anne of Green Gables / L.M. Montgomery


説明する必要がないくらい有名な赤毛のアンの原書ですね。


Anne of Green Gables

新品価格
¥451から
(2010/11/3 09:26時点)




英語レベル:★★★☆☆

イディオム数:★☆☆☆☆
語彙数:★★★☆☆

感 動 :★★☆☆☆
ドキドキ度:★★☆☆☆
充実度:★★★☆☆

<英語>古い時代の小説なので英語の文体が私でも分かるくらいに今のものとは違います。
使われている単語も昔の映画を見ているような感じなので違和感がありますが、そもそもそれがもはやこの小説の良さでもあると思います。逆にそこから面白いと思えるのは今の時代でも聞くフレーズも多々あることです。今と昔も変わらない英語もあるというのを知ることができるのもこういう小説の良さです。

<ストーリー>もはや書く必要がない気がしますが・・^^ 孤児院からやってきたアンが初めて人の愛に接し、成長していく物語。カナダのプリンスエドワード島の美しさが強調されている小説です。いつか行ってみたいものです。


読書の秋ですね。

みなさんも時間があるときなどにどんどん洋書を読み進めていってください。


今日紹介する本はこちらです。

Do You Remember the First Time? / Jenny Colgan


Do You Remember the First Time?

中古価格
¥564から
(2010/10/28 09:01時点)




英語レベル:★★★☆☆(3.5)
イディオム数:★★★★☆
感 動 :★☆☆☆☆
ドキドキ度:★★☆☆☆
充実度:★★☆☆☆


<英語>イギリス英語で書かれています。主人公は大人なのですが物語上高校生が多く登場し、スラングなどが多発しています。しかしこれがナチュラルな英語というもので、書かれているというよりは「話している」スタイルでの物語りなので会話を中心に英語を勉強したい方には最適だと思います。酔っ払っているとき、異性とSEXをするときなど英語の教材ではあまり出てこないシチュエーションも多いので良い勉強になるはずです。

<ストーリー>とある会計ファームで働く主人公がなぜか高校時代にタイムスリップしてしまう。しかしタイムスリップしたのは彼女だけで、恋人・友人は大人の主人公を覚えたまま。しかしなぜか両親、その他の友人はもう主人公を覚えていない。一度卒業したはずの高校に再度戻ることになってしまうが、会計師としてすでにキャリアがある女性が急に高校生活に戻れるはずがなく・・

楽天ブックスでは品切れになっており、amazonでもなぜか新品が1万円を越すという稀少な本。

しかしなぜか中古では500円代なので、興味がある方には手が出しやすいと思います。

それほど分厚い本ではないので、ゆっくり読んでいけると思います^^

洋書紹介人です。

読みやすい洋書をひとつ紹介しようと思います。

Chicken Soup for the Soul / Jack Canfield and Mark Victor Hansen

Chicken Soup for the Soul: 101 Stories to Open the Heart and Rekindle the Spirit



英語レベル:★★☆☆☆
イディオム数:普通 
語彙:普通
感 動 :★★★★☆
まんぷく度:★★★★☆


英語高校生でも読めると思います。1話あたり数ページと短いので、根つめて一気に読む必要がなく、ゆっくりと自分のペースで読んでいけるのが嬉しい。
使われている単語や表現も難しいものは少なく、つっかえても辞書を使うか、飛ばして読んでも問題ないでしょう。

<ストーリー>日本では確か心のチキンスープという題だった思います。世界中で大ヒットした1話完結の短話集。暖かい人間味溢れる感動ストーリー。涙で次に進むことができなくなったりもしました。ちなみにドラマ「フレンズ」でも感動させる本の代表として登場しました。作者いわく全て実話とのことですが、それを信じるかどうかはあなた次第。1話あたりは短くリラックスして読めるのでおすすめです。

送料無料で600円という値段も嬉しいですね。
興味がある方はここをクリック。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。