おすすめ洋書紹介 - 英語レベル別に掲載

翻訳と原書はやっぱり違う!オーストラリア在住の管理人が英語初心者から上級者まで楽しく読める洋書を紹介します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bernard Cornwellの「Winter King


The Winter King: A Novel of Arthur (A Novel of Arthur: The Warlord Chronicles)

新品価格
¥1,184から
(2012/4/26 01:02時点)





英語レベル:上級~
イディオム:低
語 彙 :★★★★★
感 動 :★★★☆☆
ドキドキ度:★★★★★


古代ヨーロッパの物語を書かせたらCornwellの右に出る小説家はいないんじゃないかと思います。

物語は400年代のイギリス。

大王ユーサーの子ながら王の血筋とは見なされない悲運な運命を辿るアーサーの物語。

アーサーは物語の重要な人物の一人ですが、主人公はアーサーの友人となるある戦士。

そして、有名な大魔法使いマーリンと弟子のニムエ。

戦場のシーンになれば盾と盾のぶつかる音、血しぶき、叫び、そういうものが本当に聞こえてきます。

男くさい物語ですが、戦いだけでなく登場人物のそれぞれの運命もとてもよく描かれていいます。

魔法と言ってもビームがでるとかそういう魔法ではなく、本当にこうだったんだろうなという、呪いというか、黒魔術的な魔法。

子供用に書かれたファンタジー本ではありません。


時代柄、出てくる単語ひとつひとつが難しく、読むのは困難ですが慣れかも。

日本語版もすべて読みましたが、日本語でも理解できない単語が多くでてきます。

そういう単語は飛ばしても大丈夫。

勢いで読んでみてください。


シリーズものなので長いですが、すべて揃える価値はあります。

個人的にもっとも好きな物語です。

Winter kingはシリーズの第1作。

主人公がまだ幼少時代、初めて戦場に出ていく頃。


この主人公の成長も楽しみのひとつ。

町や人々、使われる道具のひとつまでとてもよくリサーチされている細かく説明がされます。

ある意味まどろっこしいというのがマイナスかな。

それが物語を厚くしているのでプラスとも言えますが。

5つ星でおすすめ!!!




スポンサーサイト
DR.NO / Ian Fleming



DR.NO (W/CD)[洋書]

DR.NO (W/CD)[洋書]
著者:NMR/INTERMEDIATE
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



英語レベル:上級向け
イディオム:普通 
語彙数:難
感 動 :★☆☆☆☆
ドキドキ度:★★★☆☆
総合おすすめ度:★☆☆☆☆


<英語>
007のシリーズの一つ。
個人的に007はほとんど見たことがなく記憶にもありません。DR.NOは確実に見たことがありませんでした。
ちなみき表紙はこんなださくはありませんでしたw (これしか検索できなかった)
英語は僕にとってはけっこう難しく感じました。会話などは簡単なので問題ないのですが、場面描写などあまり聞かない表現を多く使っていて、単語を調べても尚あまりイメージができないことが多くありました。
語彙力の多い方におすすめです。でないとちょっと拷問に感じるかもしれません。


<ストーリー>
ジャマイカが舞台。
ジャマイカにいるシークレットエージェント2人が忽然と姿を消し、その調査に007ジェームス・ボンドが派遣される。
事件の匂いを感じるボンドは、離党で誰も寄せ付けず、野鳥管理ビジネスを行っているアメリカ系中国人のDr.Noが怪しいと感じ、調査を始める。一度足を踏み入れると皆殺され戻ることができないと地元で噂になっているこの島での激闘を描く作品。

The Last Kingdom / Bernard Cornwell

英語レベル:中級向け
イディオム:普通 
語彙数:難
感 動 :★★★★☆
ドキドキ度:★★★★★
総合おすすめ度:★★★★★


<英語>
舞台は9世紀のイギリス。そのため特殊な単語や物の名前などが数多く使われています。
戦争の話が主なので、この時代の知識や何となくのイメージがないと少し難しいかも。
しかし言葉使いや文法自体が古いわけではありません。
この作者はこういう時代物アドベンチャーの天才で、古い時代の話を現在の言葉で完璧に表しています。
フィクションなので当然かもしれませんが^^

<ストーリー>
9世紀のイギリスとヴァイキング(デンマーク)との戦争物語。
主人公はイギリスの北部全土を統べる当主の息子。ヴァイキングとの闘いに破れ、父親を殺され、捕虜としてヴァイキングに捕まりますが、そこでヴァイキングとして育てられます。

早く一人前の戦士になり、ヴァイキングと共に闘いたい主人公。
当時のヴァイキングの力はすさまじく、力のないイギリスは没落の危機にさらされます。
しかし運命は彼を全く想像もしなかった場所へといざなっていく・・という物語。


戦闘、惨殺、主従関係。この時代の色々な部分を垣間見ることが出来ます。

この作者は私の一番好きな方です。
彼以上にハラハラさせる物語を書ける方は知りません。
武器と武器がぶつかる音、残酷且つダイナミックな戦闘、爽快な展開と魅力溢れるキャラクター達。
RPGなどのゲームが好きな方は必ずはまる作品です。

The Last Kingdom

新品価格
¥2,432から
(2010/11/25 10:45時点)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。